「港の朝市」会場の周辺をご紹介します♪

港の朝市が開催される大原漁港は房総半島東端の犬吠埼と南端の野島岬の中間に位置し10数キロ沖には「器械根(きかいね)」と呼ばれる海底岩礁が広がり、良好な漁場が形成されています。
全国有数の漁獲量を誇るイセエビは「外房イセエビ」として千葉ブランド水産物に認定されており、器械根で漁獲されるイセエビは「伊勢海美」商標登録済のブランドです。
また、大原漁港では遊漁船(船釣り)も盛んで、釣り客で賑いをみせています。

大原漁港周辺では、映画やTVドラマなどのロケーション撮影が行われた場所が数々あります。
この機会にほんの一部ですがご紹介します。

2018年公開映画「万引き家族」撮影

大原海水浴場では、夏は海水浴場開設や花火大会、9月には大原裸祭りの汐ふみ会場となり壮大で勇敢な姿が見れます。また、年間を通してサーフィンを楽しむ方も多く訪れています。

2017年公開映画「昼顔」撮影

朝市の会場でもある広場で大勢のエキストラが参加し、盆踊り・花火のロケーション撮影が行われました。

2013年フジテレビ系放送ドラマ「SUMMER NUDE」撮影

大原漁港脇の八幡岬から丹ヶ浦を見下ろすことが出来ます。
ここに海の家のセットを建て、撮影が行われました。

港の朝市に訪れたあとは、いすみ市のロケ地巡りって楽しみ方もアリかもですね♪

その他、今までに多数の撮影が行われています。
興味のある方はご閲覧下さい♪>>>>>いすみ外房フィルムコミッション