千葉県いすみ市大原漁港『港の朝市』公式サイト
千葉県いすみ市大原漁港にて開催『港の朝市』公式ホームページ
開催
決定!!
開催決定!!
 

イセエビを頭から身まで楽しめる贅沢しゃぶしゃぶ!試食会潜入レポート

イセエビって美味しいですよね。
大きな身と、弾力のある歯ごたえ、そして豪華な見た目。
そんな魅力たっぷりのイセエビですが、なかなか食べるタイミングが無いのではないでしょうか。
イセエビは、
・値段が高い
・調理方法が分からない
・どこで買ったら良いのか分からない
などの理由から気軽に食べるのが少し難しい食材です。
そんな時におすすめなのが、千葉県いすみ市の大原漁港のイセエビです。
イセエビの漁獲量が日本のトップクラスを誇る大原漁港。料亭やレストランからも指名買いされるほどの味と認められています。
さらに、大原漁港では毎週日曜日に「港の朝市」という市場を開催しており、人気のイセエビを購入したり、その場で食べることが可能。
そんな「港の朝市」で、2019年の1月13日〜3月17日の間「イセエビしゃぶしゃぶ」という豪華なしゃぶしゃぶの販売について話を進めています。
ふるさと納税で人気がある大原漁港のイセエビを、港の朝市の名物にするために保健所や各方面と掛け合っている最中です。

※具体的な日程につきましては、現在調整中です
確定次第更新させていただきます。

今回は、そんな大原漁港「港の朝市」で開催するイセエビしゃぶしゃぶ試食会の模様をお伝えいたしますので、「美味しそう」「食べたい!」と思った方は、ぜひ朝市へ足を運んでみてください。

イセエビをまるまる一匹使用した贅沢しゃぶしゃぶに迫る!イセエビしゃぶしゃぶとは?

イセエビしゃぶしゃぶとは、名前の通りイセエビをしゃぶしゃぶにして食べる料理です。
まるまる一匹を贅沢に使用します。


今回使用するイセエビは、朝市に毎週出店している「かねちょう水産」のイセエビで、お刺身でも食べることができるほど鮮度抜群。


イセエビの頭でダシを取り、ダシが出てきたらイセエビを軽くしゃぶしゃぶして食べます。
このシンプルな食べ方は、イセエビの旨味や食感を楽しむのにピッタリ。
以下ではイセエビしゃぶしゃぶの・食べ方・味・料金について詳しくご説明します。 

イセエビしゃぶしゃぶの食べ方と火加減のポイント

イセエビしゃぶしゃぶでは、頭でダシを取ります。


お湯の色が変わってきたらちょうど良いダシ加減です。


旨味たっぷりのダシにイセエビをまるごとしゃぶしゃぶします。


お刺身で食べられる新鮮なイセエビなので、火加減はお好みで調整してください。
新鮮さを楽しむなら半生で、イセエビの甘みをしっかり感じたいという方はしっかり火を通していただくのがおすすめです。


イセエビ本来の味をしっかり楽しむためにも、味付けはシンプルにポン酢で。
大きなイセエビが口いっぱいに広がって、幸せになること間違いなしです。

贅沢なイセエビしゃぶしゃぶのお味は…

イセエビしゃぶしゃぶのお味は…


「美味しい!!!」
第一声は、単純に美味しい。本当に美味しいです。
普通のエビとは弾力も、味わいも、香りも全然違います。
これまでに経験したことがないほど、口の中も鼻から抜ける香りもイセエビでいっぱいに。
新鮮なイセエビを使用しているので、生臭さは全くと言っていいほどありません。
美味しいダシが出たスープはしっかり楽しみ尽くしたいですよね。
そんなイセエビ好きな方々のニーズにお応えし、ダシまで楽しめる雑炊セットの販売を予定しています。
雑炊セットは以下の通り。
・ご飯・卵(要検討中)をダシに入れて、卵を入れたら完成です。
作り手順は以下の通り。


イセエビの頭を取り出したダシにご飯を投入します。


そこに卵を入れます。


最後にイセエビの頭を戻せば完成です。
雑炊セットまで食べれば、身からダシまでイセエビをまるまる一匹楽しめる、贅沢なコース料理になります。
イセエビ好きという方は、ぜひ一度食べて欲しい絶品です。

1匹1500円で販売予定!この贅沢なしゃぶしゃぶには安いくらいの金額

イセエビをまるまる一匹使っている贅沢なしゃぶしゃぶですが、一匹1500円で販売を予定しています。
外食でイセエビを食べようとすると3000円以上かかってしまうお店がほとんどですが、朝市のイセエビしゃぶしゃぶはお刺身でも食べられるほど新鮮なものを、まるまる一匹贅沢に食べられます。
この価格帯で、これほどの鮮度のものを提供している場所は他にはなかなかありません。

大原漁港で捕れるイセエビは他のイセエビと味が違う?大原産のイセエビが美味しいワケ

国内でトップクラスの漁獲量を誇っているだけでなく、数々の料理人から、味の定評もある大原漁港のイセエビ。
その理由は、大原沖で暖流と寒流が交わっているため、プランクトンが豊富だからだそうです。
また、いすみ市の荒波で育った大原漁港で捕れるイセエビは、身が引き締まっていて色・艶・大きさなど天下一品。
さらに、漁獲方法にもこだわっており、捕獲したイセエビの活力低下を防ぐため夜明け前に捕獲しにいき、陸ですぐに網から外しています。
このような方法をとることで、イセエビの鮮度や優れた品質を保っているのです。
イセエビを食べるなら、こだわりがたくさん詰まった鮮度抜群の大原産のものをぜひ召し上がってください!

2019年の冬はイセエビしゃぶしゃぶを食べに大原漁港「港の朝市」まで!

イセエビは、大原漁港「港の朝市」にて期間限定で販売予定です。
販売期間は、2019年の1月13日〜3月17日の間のいずれかを予定して現在調整しています。
1日限定30食をご用意する予定ですので、確実に食べたいという方はお早めお越しください。
日程の詳細はまだ決まっていませんが、販売日時が決まり次第当HPや、インスタグラムにて発表いたします。
イセエビしゃぶしゃぶにご興味をお持ちの方は、インスタグラムをフォローして、最新情報の発表をお待ちください!

▼港の朝市公式アカウント


 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

港の朝市さん(@minato_asaichi)がシェアした投稿